法律の専門家でもある司法書士の仕事内容

法律の知識が必要となる司法書士は、みなさんの生活の中にも深くかかわってくる業務内容が多くなっております。
その中でも司法書士になってもっとも多くの依頼をされる業務内容は、不動産登記や商業登記などを代わりに行う登記申請業務になります。
不動産登記とはどのような業務なのかというと、不動産がある場所であり、不動産自体の大きさや誰がその不動産の所有者なのかといった権利関係に関わる内容を登記記録という公簿に所有者の代りに記録する内容になります。
商業登記の場合には、会社の事業内容であり会社の資本金の額や役員など、会社の重要な事項を登記記録に記録する内容になります。
基本的には、ある一定の登記事項は必ず登記しなければならないと法律で義務付けられてはいるのですが、登記する手続は手順や内容が複雑な上に、仮に間違えて手続きを行ってしまった場合には、財産を失ってしまう可能性もありますので、法律の専門家でもある司法書士に依頼されるケースが多いのです。